便秘で吐き気がするときの対処法

便秘になるとまずは下腹部に違和感を覚えるものですが、
それが進行すると吐き気をも様子こともあります。

 

便秘になるとき腸に不純物が詰まっている状態なので次第に堆積して、胃の中に食べたものが残る状態になります。それが続くと胃にものがずっと残っているので吐き気を催すんですね。
実際に吐いてしまうということは少ないようですが
胃に刺激が加わると吐いてしまうこともあるそうです。

 

そんなとき、吐き気をどうにかしようとするよりもまず便秘をなんとかすることが大事。
便秘は腸内の健康バランスがくずれてしまうと起こります。
まずは腸内環境を整えなければなりません。
整えるためにはよくCMとかで出てくる善玉菌を補充すること。
よく、ヨーグルトなどが挙げられますよね。
そして不純物を吸着する食物繊維。
それらを体内に取り込んでお通じを促す
これが最善の策です。

 

しかし、食物繊維と言っても成人が必要な一日の食物繊維は20グラム。
これはごぼうに換算すると400グラムになるんです。
これはごぼうにちょっとと思われるかもしれません。

 

そこでいいサプリがあるんです。
不純物をを吸着する力に優れた
スッキリ炭べえ

 

これは腸内環境を整える
例えば、身プロバイオティクスの乳酸菌ラクリスこれは身体環境を整えます。
ラクリス菌は生きたまま腸へ届いて、乳酸菌を増やして体のバランスを整えてくれる働きをします。

 

そして次に、プロバイオティクスの植物発酵酵素、後方で他の善玉菌の支援をします。
100種類もの植物から生まれた植物発酵酵素は、ヨーグルトと比べ25倍ものグルコン酸を含み、善玉菌とともにスッキリをサポートする働きをします。

 

最後にバイオジェニックスのナノ型乳酸菌これが身体に直接アプローチ。
すんき漬という長野県の伝統的発酵食品をしていますか?昔から食べられていたものは体にいいことは間違いありません。そうでなければ今まで伝わるはずがありません。
これはその長野伝統のすんき漬から生まれた乳酸菌です。
菌体の粒子径が1ミクロン未満なので体内の利用率が高まります。

 

そして竹炭。
体内の不純物を吸着して体外へ排出してくれます。
その吸着面積がテニスコート35面分という広さ。
それだけの吸着面積でごっそりと不純物を吸着して排出のお手伝いをします。

 

腸内を整えて、しっかりとお通じを促します。
気になる方はぜひチェックしてみてください。